沖縄の城跡巡りと、美ら海水族館

2020年1月後半に沖縄本島を訪れました。城跡や海を眺めながら海岸線を北上し、美ら海水族館で開催中の「美ら海ナイトアクアリウム」を楽しみました。

座喜味城跡

読谷村の座喜味城跡に立ち寄ります。座喜味城は1420年頃に完成した城で、石積みの美しさが見所です。

座喜味城跡
20200319
石垣
精巧な石積み

沖縄本島最西端の残波岬は、断崖絶壁の海岸線が2キロメートルも続いている場所で、東シナ海を一望できます。

残波岬と灯台

美ら海水族館

午後は一旦ホテルに寄ってから、夜は美ら海水族館へ。1月12日~2月28日まで「美ら海ナイトアクアリウム」が開催されています。通常は閉館している夜の水族館を満喫できるイベントです。

ジンベエザメが泳ぐ「黒潮の海」
夜の魚たち
こたつ
こたつが登場

2日目は美ら海水族館のイルカショーを見てから、海岸線を北上しました。観光地としてはエメラルドビーチが有名ですが、全体的にどの砂浜も綺麗な場所が多いです。

瀬底島の砂浜
エメラルドビーチ
今帰仁城跡
古宇利大橋

今回は日程の都合で古宇利島で折り返し、南へ向かうことにしました。2日目の最後は、うるま市の勝連城跡です。沖縄で最も古いお城だそうです。良い眺めです。

勝連城跡

3日目はあいにくの空模様でしたが、那覇市の首里城公園周辺をぶらりと散歩しました。首里城は2019年の火災で正殿などが焼失したため、公園の一部は立入禁止となっています。

首里城
久慶門

守礼門から3分ほど歩いた場所には玉陵(たまうどぅん)と呼ばれる、歴代の琉球国王が葬られている陵墓があります。

玉陵

このあたりで雨がポツポツと降ってきたため散策を終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です